2010年8月18日水曜日

藍の風

美しい藍色がいっそう映える夏です。
「阿波藍×未来形」プロジェクトで開催するワークショップ以外にも、
さまざまな場所でたくさんの人々が阿波藍の魅力に触れています。
徳島県立鳴門第一高校でも、7月27日と28日の二日間、
1年生15名と先生3名が本格的な藍染を体験されたそうです。



場所は四国大学にある「藍の家」、
染めたのはオリジナルハンカチと“千枚の布”の大型インスタレーション用の麻布。
注目はその使用方法です。
まず、オリジナルハンカチの一部は、
鳴門第一高校独自の「風車なるいっち号」の制作(しかも3機!)に使われました。



「風車なるいっち」は、8月3日に行われた中学生体験学習の日には本校玄関に設置され、
訪れた中学生に藍の涼風を提供して大好評!

10月23日には一番札所霊山寺で生徒さんによるお接待が行われるのですが、
そこにも「風車なるいっち号」を持参して、
県外からのお遍路さん方への阿波藍PRに役立ててくれます。
なんと、このお接待では、この夏に染めたオリジナルハンカチ150枚も配られるそうです!
「風車なるいっち号」の秋風に吹かれながら、
ハンカチを手にするお遍路さんの笑顔が目に浮かびます。

あと、“千枚の布”にもご協力いただきありがとうございました。
みなさんからの“千枚の布”によってどんな作品が創り出されるか、
11月を楽しみにしていてください。

鳴門第一高校からの風を受けて、
「阿波藍×未来形」プロジェクトも暑い夏を乗りきります。