2010年9月16日木曜日

藍T-Contestの結果は!

夏ならではの“阿波藍”の魅力発信、最後の報告は、、、
「阿波藍」と「徳島美少女図鑑」とのコラボレーション企画“藍T-Contest”です。

藍染めTシャツのコーディネイトを募集して、グランプリの知事賞を決定するこのコンテスト。
1次審査を通過した26作品による2次審査(一般投票)については以前にもお伝えしましたが、
その2次審査に続く、最終審査が8月22日(日)、そごう徳島店1階特設会場にて行われました。

2次審査では数百にも及ぶ投票があり、全国各地に加えて海外からの投票も!
そんな大注目の中で迎える最終審査の目玉は、出品者自身が登場するファッションショー。
それによって4名の審査員と多くの来場者が投票を行い、
2次審査の結果を加点することで、各賞の受賞者が決まる仕組みです。

当日は猛暑だったにもかかわらず、たくさんの来場者で会場はびっしり。
報道関係の方もたくさん来てくださって、
何台ものカメラがステージのモデルさん(出品者)を追いかけました。
にぎやかな歓声の中、次々登場するコーディネイトの全てに現代的な工夫が凝らされていて、
どれも甲乙付けがたい印象でしたが、厳正な審査の結果、、、

グランプリの徳島県知事賞は、
素敵な藍Tにサスペンダー付きのジーンズを組み合わせた「田中恭子さん」に決定!


続く準グランプリである徳島美少女図鑑賞には「小西梨衣さん」
そごう徳島店特別賞には「岩橋里奈さん」
審査員特別賞には「高橋桃香さん」となりました。

惜しくも受賞されなかったみなさんのコーディネイトも、
藍染めを上手く取り入れたものばかりで、
工夫次第で阿波藍の可能性の幅がぐんと広がることを実感。
“伝統文化=古いもの”ではないのです。

そして、今回これだけたくさんの人が注目してくれたのも、
応募してくださった方、投票してくださった方、会場に足を運んでくださった方があってこそ。
やはり新しい切り口で幅広い世代に伝えることの大切さを感じました。

来春には「阿波藍×徳島美少女図鑑」も発行予定です。
プロジェクトの集大成となる“1冊”がどれだけの人を引きつけてくれるのか、今からとても楽しみです。