2010年12月20日月曜日

京都の町家で

「阿波藍×未来形」プロジェクトのメインイベントのうち、
最後に行われたのが「藍染ファッションショーin京町家」と「阿波藍×未来形プロジェクト巡回展」でした。
徳島城博物館での「藍染ファッションショー」と美馬市脇町の吉田家住宅での「阿波藍×未来形プロジェクト展」を
それぞれコンパクトにして、京都市内の町家に持ち込んだものです。

ファッションショーと同時に阿波藍に関するセミナーも開催。
たくさんの来場者のみなさんで町家の中は賑わいました。
12月6日から1週間にわたって開催された巡回展にも多くの方々がお越しくださり、
そのどなたもが阿波藍に高い関心を持たれていたことに驚きました。

徳島の外に持ち出してわかること、みなさんが阿波藍に期待してくださっていること。
いろいろなことを肌で感じた京都でのイベントでした。

2010年12月9日木曜日

阿波藍 千枚の布に挑む

気がつけばもう12月も半ば。
やっと落ち着いてきたいま、久しぶりの更新となります。
11月のメインイベントも無事に成功することができました。
しばらくはそれぞれを振り返ってみたいところですが、
今日はまず、いまも継続中のイベントをご紹介します。

最初にご紹介するのは「阿波藍 千枚の布に挑む」です。
7月から9月までの間に県内各地で開催した藍染体験出前教室や、
そのほかの学校、福祉施設、藍染体験施設などで染めて頂いた布“千枚”を使って
彫刻家の河﨑良行氏が創り上げた大型インスタレーション。



文化の森にある徳島県立21世紀館エントランスホールで現在展示中です。
天気のいい日に訪れてもらえると、輝くような藍色の空間を体験してもらえると思います。
展示期間はまだまだ続きますから、みなさんぜひどうぞ。