2011年8月29日月曜日

準備が進んでいます

もうすぐ9月、阿波藍メッセ2011「藍色のあるくらし展」の開催まで2週間を切りました。
県内外からの出展作家21名が決定し、みなさん着々と準備が進んでいます。

「藍色のあるくらし展」では事務局にも新しい試みがあります。
まずは、阿波藍の染め出す美しい色をしっかり見ていただくための会場づくり。
そして、出展作家の作品が購入できる販売ブースの設置(二日間限定)。
関係者の方々の協力を得ながら、こちらも着実に準備が進んでいます。

会場を訪れるすべての方々に喜んでいただけるよう。
9月10日までの間、心地よい緊張感が続くのです。